カードのるつぼ 2012年05月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【遊戯王使用中デッキ】墓地BF 

グラムの情報を聞いた時にパーツを集め始めて爆死したYPはこちら(笑)

メインデッキ枚数:40
モンスター/魔法/罠:19/11/10

BF-暁のシロッコ×3
BF-大旆のヴァーユ×2
BF-黒槍のブラスト×3
BF-精鋭のゼピュロス×1
ダーク・グレファー×3
E・HEROエアーマン×1
E・HEROバブルマン×2
D-HEROディアボリックガイ×2
ダーク・アームド・ドラゴン×1
ブリキンギョ×1

魔法
サイクロン×2
大嵐×1
死者蘇生×1
E-エマージェンシーコール×2
月の書×1
未来融合-フューチャー・フュージョン-×1
おろかな埋葬×1
増援×1
異次元からの埋葬×1


神の宣告×1
ゴッドバードアタック×3
強制脱出装置×3
神の警告×2
聖なるバリア-ミラーフォース-×1



先攻ルーラーバウンサーオラァ

 シロッコヴァーユは墓地消費だけで☆6を作れる数少ないカード。グレファーを使うカテゴリとして、エアーマンからのディアボに注目しない手はありません。さらにBF、HEROには特殊召喚能力に長けたブラストとバブルマンがおり、両テーマのシナジーを最大限に活かすと以下の様な流れが作れます。

1・エアー召喚、ディアボサーチ
2・ディアボ切ってグレファーSS、ヴァーユとシロッコを落とす
3・ヴァーユシロッコで墓地からアームズウィング
4・ディアボも出して6エクバウンサー
5・③の手順にブラストやバブルを挟めるならSS、エアー、グレファーとショックルーラー

後攻ならこういう動きも
4・ディアボ出して6エクトレミス
5・バブルSS、エアーとエクシーズブレハ、バブル切って効果起動
6・トレミスでバブル回収、SSしてグレファーとエクシーズエクスカリバー

 ここに未来融合でゼピュロスが絡んできたり、チェインで墓地シンクロを増やしたりとワンキル級の火力を秘めています。




脇を固めるカード達

 この動きができない場合、手札には罠が多いはずなのでブラストやシロッコで罠ビしながら手札が揃うのを待つことができます。シロッコ召喚時は事前にゴドバを伏せて召喚反応を対策したいところ。

 未来融合が発動できるとかなり強く、そのパワーを落とさない為にブリキンギョを1枚積んであります。これは、1回目でゼピュとバブルを落とすので、続けて2回目にバブルを落とすとエアーマンがサーチ先を失うことがあるからです。その為、ブリキンギョとディアボでペアが作れるようになっています。2ターン後に出るのがアブソになるのも見逃せない利点だと思います。
 素引きしてもショックルーラーの確率が上がるため問題ありません。

 パワー増加にミラクル・フュージョンも考えましたが、展開成功すればパワーは充分だし、失敗した際に使えないので罠にスペースを譲ることになりました。
スポンサーサイト

テーマ : トレーディングカード
ジャンル : サブカル

【遊戯王使用中デッキ】カオスライロ

IFで使うはずだったライロパーツがことごとく余ったので、安くなったことだし組んでみた
メインデッキ枚数:40
モンスター/魔法/罠:22/18/0

モンスター
ライトロード・マジシャン ライラ×2
ライトロード・サモナー ルミナス×1
ライトロード・ハンター ライコウ×1
ライトロード・パラディン ジェイン×1
ライトロード・モンク エイリン×1
ライトロード・ビースト ウォルフ×1
裁きの龍×2
カオス・ソーサラー×3
カオス・ソルジャー-開闢の使者-×1
ダーク・アームド・ドラゴン×1
魔轟神ソルキウス×1
冥府の使者ゴーズ×1
D.D.クロウ×1
エフェクト・ヴェーラー×3
トラゴエディア×2

魔法
サイクロン×3
大嵐×1
死者蘇生×1
強欲で謙虚な壺×3
ソーラー・エクスチェンジ×3
光の援軍×1
おろかな埋葬×1
増援×1
ブラック・ホール×1
救援光×1
封印の黄金櫃×2


なし

サイドデッキ モンスター/魔法/罠:12/1/2

ライトロード・パラディン ジェイン×1
ライトロード・ハンター ライコウ×1
ライトロード・ビースト ウォルフ×1
D.D.クロウ×2
オネスト×1
速攻のかかし×3
増殖するG×3

精神操作×1

荒野の大竜巻×2



老後のための墓地貯蓄

 カオスライロ最大の強みは、中盤以降からの圧倒的なカードパワー。それを達成するためにはやはりソラエクの発動は欠かせないところなので、強謙を積んで序盤の動きを安定させます。
 そして墓地肥やしだけではキーカードは落ちていくので、サルベージ手段をいかに用意するかも肝。創世の預言者はヴェーラーを食らうとディアスアドが辛いので、このデッキではカオス・ソーサラー、トラゴエディア、ソルキウスを使ってトレミスを出せるようにしてあります。
 ソーサラー自体がヴェーラーを多少チェックでき、そこからトレミスが仮にヴェーラーを食らったとしても2700の攻撃力は活きるため、後半の一押しを強力にするためにも重要です。ソルキウスはディスアドですが、強謙やライトロード等不要なカードを捨てて極力パワーを落とさないように使いましょう。



単体性能を見つめなおす

 ライトロードの単体性能についてですが、これはライラがサイクロンである以外はあまりアテにしていません。2戦目からビート戦をする為にサイドには積んでいますが、基本的にはソラエクのコストで直接墓地に送ってしまいたいところです。ルミナスも3エクでトレミスまでいけるのは魅力的ですが、その為にオルクスなんかを積むのも微妙だと思ったのでせっかく制限復帰たけど1積みです。

 でもこれだとサイドの対応力が著しく下がるので、できればジェインの様な柔軟に2戦目も使えるカードは2積みでいきたいところです・・・その場合裁きからどんどん遠ざかってカオス主軸になりそうですが



サイド製作中・・・

 とりあえず手札誘発ガン積みで防御力としつつ、2000超えるアタッカーで殴る、で闇落ちたらカオスが準備完了みたいなスタンスで戦いたいところ。
 王宮のお触れは圏内なんですが、サイクロンを完全に腐らせるためにエンド撃ちを狩ったり最悪マクロを素で破壊できる荒野の大竜巻を積みました。まだこのデッキが何を苦手とするのか見えていないので、壁にぶち当たり次第サイドは変えていくと思います。その為にはメインのパワーを多少落としてでもサイドと折半させないといけない部分が出てくると思うので、構築は今後も変えていかないといけないなと思います。

テーマ : トレーディングカード
ジャンル : サブカル

【雑記】自作ラバープレイマット 製作講座

 どうも、シカオです。先日CSに参加した際、同卓で自分以外のプレイヤーが全員プレイマットを敷いているのを見て、僕も世間体からプレイマットが欲しくなったので調べたところ、結構値が張る上に人と被ってしまったりコレというものがなかったりしました。
 ということで何とか自分で作ってみようと思い立ち頑張ってみたので、その過程をお伝えします。これを読んでいる方もレッツトライ!

てづくり

 プレマを作る上で一番の難点は、「どうやれば作れるのか見当もつかない」ことでしょうか。布もラバーもなかなか普通に過ごしていると馴染みの無いアイテムですので、今回は材料の集め方について特に重点的に説明します。

○用意するもの

・画像
→画像の加工方法についてはこちらで詳しく説明されているので参照してください。
 プリンターで印刷する場合、高はA4サイズの20㎝にしましょう。長さは自由です。僕はとりあえずカード全部置けるように60㎝にしました。

・布
→お店で「インクジェットプリンタに対応している布を下さい」と言えば見繕ってもらえます。150円くらいです。ロールで保管されていたりすると繊維が曲がってしまっているので、水洗いしてからまっすぐに伸ばして乾燥させ、アイロンで形を整えましょう。

ぬの

 ↑結構すけますが、印刷後に薄くなることはないので大丈夫

・マット
→ラバーマットは東急ハンズや工業用品店の地震対策グッズや、敷物を売っているところに置いてあります。が、僕の場合は30㎝四方のものしか手に入らなかったので、2枚を1枚に会わせて使っています。2枚で1400円と高いです。
ネットで白地のものや安いプレイマットを買って、それを白く塗装してから使うのもアリかもしれません。
 こんな便利なものも売っているみたいなので、アイロンプリントを試したい方は使ってみてはどうでしょうか。

・ゴム用両面テープ
→通常のテープと違いしっかりくっつくので、ラバーマットの加工には最適。かなり量を使うので、大きめのサイズのものを買うことをお勧めします。僕は小さいのを買ったら足りなくなりました・・・700円くらいです。

○布への印刷
画像を用意したら、まずはプリンタで布に印刷しましょう。画像の向きや、印刷設定でサイズを指定するのを忘れないようにしてください。
アイロンをきちんとかけたらそのままプリンタに入れて大丈夫ですが、綺麗に入らなかったらすぐ停止を押さないと印刷が始まってしまうので気を付けましょう。インクが乾くまでかなり時間がかかるので、慎重にやるなら1日くらい乾かした方がいいと思います。インクが加工やプレイ中に手に付いたりするので。
印刷が終わったら裁断します。ほつれないように周りを折って縫うべきなのですが、正直裁縫スキルがないのでやり方がわかりません・・・。

じょうげ

いんさつ

 ↑印刷後はこんな感じ。 フチ無しで印刷するには紙質が違うと言われてしまったのですが無理やりやっても良かったかな

○マットの準備
布への印刷が済んだら、ラバーマットの準備をします。裁断した布をラバーに当てて、周囲に線を引いておきましょう。
線を引いたら、そこに合わせて両面テープをびっしり貼っていきます。隙間ができると細かなシワの原因になるので、できるだけぴっちりと貼ることをお勧めします。
ラバーが2枚になる場合は、折れ目の部分から布が剥がれないよう、特にしっかりとテープ貼りします。

てーぷど

 ↑テープ代をケチるとこうなります・・・

○接着
テープを貼り終えたら布をそこに合わせて貼ります。なかなかガッツリくっつくので貼り直しは難しいです。空気が入らないよう慎重に貼りましょう。
強く引っ張り過ぎても形が歪むため注意して下さい。

○マットの切断
最後に、はみ出た布と一緒にラバーを切断します。ラバーは普通にハサミで切れるので、布を裁断したものをそのまま使うとよいと思います。カッターでもいけますが、厚みがあるし布が切れないので初めての人にはオススメできないかも。



 以上で完成です。オリジナルのプレマはショップでも結構目を引くので、注目されたい人にはオススメ!

かんせい

ふぃにっしゅ

 ↑総製作費2000円! 結局普通にプレマ買うぐらい金使ってるよ!!!


おった

 ↑2枚マットを使ったのでまんなかでパキっと折れます。筒じゃなくてファイルに入れられるので便利。

テーマ : トレーディングカード
ジャンル : サブカル

【VNG使用中デッキ】ぬばたまシュテルン/2012/5/18

 ある意味でジエンドに似た戦い方をするシュテルン。差別化するならG1の自由度じゃああああ



1stVng.ブラウユンガー

グレード構成/G0/G1/G2/G3:17/14/12/7
トリガー構成/治/☆/醒/引:4/9/0/3

ブラウユンガー×1
スリーミニッツ×3
ラウンドガール クララ×4
レッド・ライトニング×4
シャイニング・レディ×1
武装戦艦プロメテウス×4

ブラウパンツァー×4
忍竜ドレッドマスター×4
ドグー・メカニック×4
ツインブレーダー×2

マジシャンガール キララ×4
ブラウクリューガー×2
忍獣チガスミ×4
ハングリー・ダンプティ×2

シュテルン・ブラウクリューガー×4
装甲妖精シュビーラ×1
アシュラ・カイザー×2




サイクロンスタンドサンダーボルトは静かに暮らしたい

 結論から言いまして、シュテルンの攻撃はまず通りません。ノヴァに10000ブースターが出たら話も変わるのでしょうが、現状は18に対応するので精一杯といった感じなので毎ターン止めようと思えば簡単に止められてしまいます。
 
 なのでいかに余ったCBを有効活用するか、削った防御力をこちらのアドバンテージにするかを考えた結果がこのデッキです。



精神消費ゲー、始まるZO

 ということで、これでもかとヒット時効果のユニットを突っ込んでいます。キララはもちろんとして、1発撃てるシュビーラをピン積みし、更にG1がフルバウサイクルであることを活かしぬばたまのG1G2セットを搭載。

 こいつらは各自が7000ブースター、11000アタッカーとなるためほぼ腐ることがなく、特にチガスミは18000を作りやすくなる点でジ・エンドに☆を乗せてぶつかるには絶妙なアタック値を持っています。
 G3ボイドマスターまで積んでしまうと捌き切れなくなる場面が出てきたため、事故回避とRでのアタッカー、パンツァーのコストを兼ねてアシュラカイザーを2枚積んでいます。



ドグーは投げ捨てるもの

 CB回復効果を持つドグー・メカニックですが、このデッキを回す際はCBが裏になるまで待とうと思わないことが大事。
キララによるアタックは5000ガード、インターセプトで済むアタックではなく、必ずブーストを乗せて10000ガードさせましょう。
 序盤でCB使用後にキララが狙われその後上Vに2点もらうのはそんなに難しいことではないので、その後は別のユニットでインターセプター潰してシュテルンをぶつけたり、とにかく相手に最大のガード地を要求できるよう立ち回ります。

 理想は3点ダメージが表の状態でチガスミセット、キラララインが存在していることで、チガスミ→シュテルン→キララで殴ればどこかしらでアドバンテージをとることができます。

テーマ : トレーディングカード
ジャンル : サブカル

【遊戯王デッキレシピ】リベンジャーIF/2012/5/25

CSとか色々終わったんで、リベンジャー型でこだわり続けたIFデッキのレシピを置いておきます

メインデッキ枚数:40
モンスター/魔法/罠:18/16/6

モンスター
インフェルニティ・デーモン×3
インフェルニティ・ネクロマンサー×3
インフェルニティ・リベンジャー×1
インフェルニティ・ジェネラル×2
ダーク・グレファー×2
ヘルウェイ・パトロール×3
カードカー・D×3
BF-精鋭のゼピュロス×1

魔法
サイクロン×3
大嵐×1
死者蘇生×1
強欲で謙虚な壺×3
ZERO-MAX×3
ナイト・ショット×2
おろかな埋葬×1
増援×1
インフェルニティ・ガン×1


インフェルニティ・インフェルノ×3
インフェルニティ・ブレイク×1
血の代償×2

サイドデッキ モンスター/魔法/罠:8/4/3

冥府の使者ゴーズ×1
トラゴエディア×2
D.D.クロウ×2
ライトロード・ハンター ライコウ×3

闇の誘惑×1
禁じられた聖杯×2
精神操作×1

王宮のお触れ×3

エクストラデッキ

煉獄龍オーガ・ドラグーン×1
ワンハンドレッド・アイ・ドラゴン×2
インフェルニティ・デス・ドラゴン×1
スターダスト・ドラゴン×1
ヘル・ツイン・コップ×1
アームズ・エイド×2
No.16 色の支配者ショック・ルーラー ×1
ジェムナイト・パール×1
インヴェルズ・ローチ×1
ラヴァルバル・チェイン×2
交響魔人マエストローク×1
虚空海竜リヴァイエール×1



ビートル型にできないことを

ビートルを使った型では、ブレイクやバリアを早期からどんどん伏せていき、半分メタビートの様な戦い方を採ることができます。しかし、僕としては手札を全て伏せる→序盤のサイクに遠慮なく抜かれていく という悪い印象が強く、どうしてもこの流れに迎合できずにいました。

で、リベンジャー使う利点って何なんだろう?と考えると、アイドラを使った超高火力、☆8シンクロの連打ワンキルにあると思ったわけです。

よって、カーD、強謙、インフェルノ、ダグレを使ってしっかりと墓地を肥やし、サイクナイトショットで空けた場にワンキル級の火力をガンガン叩きこんでいける構築にしました。

2ターン目から回す為その間のダメージはほぼ無視。完全に死ななきゃ安いの精神で、防御用のカードは一切積んでいません。

IFのウリとも言えるブレイクすら、手札を溜めこむリベ型には不要。どうしても倒しきれない場合や、ZEROMAXでの展開をした際に心細くないよう1枚のみ採用しました。



墓地を手札に

溜めこんだ手札も実際に使う際は1、2枚まで減らさなければいけないのがリベ型の始動の常。 少しでも墓地アドを手札として利用できるよう、ジェネラル2枚、ゼピュロス1枚を積んであります。

ジェネラルはネクロリベ蘇生して4チューナー、エクシーズ素材とするもよし、ZEROMAXで敵陣を粉微塵にするもよしでかなり万能に働きます。
このデッキでは通常の展開のラストで加えるブレイクがインフェルノになったりするので、トップで引いてしまっても安全に処理できるし、必ずこの墓地の動きを起点に第二弾を放っていけるということになります。

ゼピュは再三言っている気がしますが圧倒的にデッキのエースです。ヴェーラー食らったネクロ戻したり、ジェネラルの効果無効をリセットしたり、ガン戻してショックルーラー作ったり。

こいつにできないものは何もないです。無茶苦茶強い。何度も使って来てここだけは揺らいだことはありませんでした。



1戦目で快適に動くために

サイク3、ナイト2の速攻性のあるバック除去でこちらの行動を通していきます。正直怖いのはヴェーラーよりも、モンス使い回せなくなる激流とかなんで、できるだけバック除去はしっかり行いたいところ

そして、最も厄介なモンスターがヴェルズ・オピオンです。

コイツの汎発感染を掻い潜るぐらいのバックを用意するデッキではないし、かといって除去しなければほとんどの動きが成立しなくなります。

攻略法はズバリマエストロークなのですが、これを簡単に出せるようにすべく血の代償を積んであります。
4エクのスピードを上げるだけでなく、アイドラからデーモン蘇生してマンサー加えて代償・・・と☆8連打にも役立ち、メタ対策とデッキパワーアップ、更に不意のワンキルへのわずかな耐性も得ることができる、まさにどんな相手が来るか分からない1戦目に相応しいカードになっています。



サイドからのメタゲームを制する

IFを相手にしたプレイヤーはまず間違いなく暗闇ミラーを始めとした永続罠に加え、サイドから積める限りの罠を積みこちらの動きを封じようとしてきます。
実際、手札0からのスタートを強いられるIFではこういった初動潰しが一番キツく、想定しなければならないところです

なので、メタを貼ってくる相手に対してはお触れで完全に罠を拒否してしまいます。

あとはラヴァル・虫といったハイパワーデッキの対策に預言と隙間・・・と言いたいところなのですが、虫なんかは結構バカにならない量のバックを伏せられるデッキなので、お触れで是非無力化したい。
よって、兼ね合い上DDクロウを採用して墓地利用をメタる事とします。

メタビ系に対してはトラゴーズで応戦。ヒロビの様なバックとコンボしていくデッキにはライコウなんかも有効でしょう。




と、以上が大体の僕のIFの説明です。

とにかく前のめりに攻めて攻めて攻めまくる、懐かしいタイプのIFですが、インフェルノ1伏せなんかからスタートすることでサイクロンを誘い、ガンを安全に通しやすくなるなど、パワー型の環境に順応した形ではないかと考えています。

IF=ループという印象は未だ根強く、しっかりと墓地を肥やして回転させると相手がサレンダーしてくれたりもします。

花形の8シンクロを連打して攻め立てる姿はまさにIF。僕はこの型で頑張っていきたいと思います



最強兵器現る

先日なんとなく回していた際に、ワンキルするならカタストルである必要あんまないよなぁ・・・なんかいい☆5いないかな。てか☆5いるのかな?と探したところ、ヘルツインコップさんがいたので懐かしさを感じつつ積んでみました。

そしたらコイツの強いこと、アームズエイド装備して殴ると3200+4000で7200ダメージ持っていく殺戮兵器だったことが発覚。リベンジャーを使うのだからこのアドバンテージを活かさない手はない!とアームズエイドも2投してこいつでワンキルしていく戦法を研究してみました。

召喚権さえあればリベ、ネクロ、ジェネラル、ゼピュロスが落ちていればデーモンを使わずとも出せるので、まずはオーガブレイクインフェルノの構えで相手の抵抗力を削ぎプレッシャーを掛け、次のターンでワンキルするという戦い方が強そうです。

トラゴが出てくるとちょっとキツいのである程度ダメージは取っておいた方がいいでしょうけど、ゴーズならメイン2にデスドラのバーンダメージで楽々対応可能。こいつは鬼火力だぜぇ・・・

テーマ : トレーディングカード
ジャンル : サブカル

【報告】代々木三人CSレポ 

アサギたんとaidとチーム戦参加してきました!

が!

1勝2敗で敗退でしたわ・・・しかも勝てたデュエル逃したんで、本当にもったいなかった 相手がマナー悪くてルーリング甘い感じの人で、しかも突っ掛かってくるから逆上してプレイミスするとか本当に猿でしたわ・・・

チームメイトのお二人には申し訳ねぇ! 少しずつですが勝率上がってきてはいるんで、また一緒にチーム組んでもらえたら嬉しいっす


使用デッキ IF


1回戦 HERO 後攻 〇×〇

1戦目は墓地こそ肥やせたものの召喚権が足りなくなりそうな布陣でしたが、血の代償を引けていたのでナイトショットでバック割ってアイドラ並べまくってワンキル。

2戦目は蘇生絡めたエクスブレハでワンキルされる。このスピードのワンキル避ける手段マジないわ・・・代償で壁伏せるくらい

3戦目はZEROでジェネラル出してアナザーとかもろもろ超融合無視してふっ飛ばし、デカいクロック活かしてビート勝ち


2回戦 カラクリサイキック 後攻 ××

そんな速度ある動きはされなかったなぁ・・・ただ強謙で嵐加えたとこにスタダ立たされて結構窮地に 大人しくカーDで引いておけばよかった

2戦目はもっとひどくて、ブラホ強謙でキャッチして相手の展開鈍らせつつインフェルノ伏せるとこまでは良かったが、超初動の段階でG当てられて、無駄にもがいて相手の手札増やし過ぎてしまって圧殺されるという大変恥ずかしい試合展開を経験した。

でも身内にG使う人が全然いなかったんで、どんなふうに動けばいいか多少勉強できてよかった。あれは次のターンの展開札に最小限の動きでアクセスして、絶対やりすごさないと駄目だわ  ヴェーラーよりきついっての


3回戦 暗黒界 後攻 〇×ET×

相手が突っ掛かってくるもんだからルールミス指摘したりケンカっぽくなっててお互い冷静なプレイングができてなかった 何とも情けない試合だった。
デュエル中にあそこまで敵意むき出しにしたの初めてだ・・・まぁアサギさんの卓もヒートアップしてたし、相手側にも問題あるんだろうなとは思ったけど。

途中で我に返って相手にきちんと謝罪して、和解して握手で終われたことはせめてもの救いだったと思う。

エクストラターンに突入するのが見えてるデュエルはZEROMAX微妙かも。。。どうせ遅延されて攻め手減るのは分かってるし、ライコウとかで場をこじ開けて、お触れ下のヘルウェイからモン叩きつけてダメージ奪い去っていくプレイングでいきたい


あーいこんな感じっす 超疲れた ET入ると大抵負けるんで、3戦目はそれ考慮したプレイとサイチェンをしていこうと思いました。

2戦目からは大量の警告や永続罠が飛んでくるんで、結構な確率でお触れを採用することになりました。そうなると隙間とかって使えないから、またDDクロウに戻そうかなと思ったりします。あとゴーズもそういう状態では役に立たないので、ちょっと考えたいかも


てかジャッジもルール把握してないし、アナウンスは口悪いし、座席指定も全然声聞こえないしあげく「自分達で探して下さい→早く着席して下さい」とかもう質の悪さ半端なかったなー

JDCっていいCSだったんだね



その後皆で中野に移動して遊vicの公認出てきたよ! なんかまた民度低い高校生みたいなのいて、もうどこのショップにも必ず一人は生息してるんだなと悟りました ボコれたんで本当に良かった

なんかIF認知度が低かったようで、分からん殺しで3位になれました。優勝のラヴァルの方は手札の溜めこみ方もGの使い方もソツなくこなしていて強かった。先攻で回せる時はヴェーラー怖いけどトライしてみる勇気って必要かもしれない


そんな感じです。 またCSは色々(aidが探してきて)出ようと思うので、その度に成長出来たらなと思います

テーマ : トレーディングカード
ジャンル : サブカル

プロフィール

シカオ

Author:シカオ
神奈川・東京でカードをやってる大学生!
遊戯王・ヴァンガード・バトスピをプレイ中。

自分のデッキの構築について垂れ流していくので、「はて、何の話だろう」と思ったら「使用中・構築中デッキ一覧」をご覧下さい。

twitterはdeertailまで。こちらも宜しくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。