カードのるつぼ 【遊戯王使用中デッキ】ガエルコントロール/2012/1/13

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【遊戯王使用中デッキ】ガエルコントロール/2012/1/13

イレカエル「マスドライバーは・・・嫌な・・・事件だったね・・・」

メインデッキ枚数:40
モンスター/魔法/罠:26/9/5

冥府の死者ゴーズ/1
黄泉ガエル/1
裏ガエル/3
エフェクト・ヴェーラー/3
鬼ガエル/3
邪帝ガイウス/3
ハウリング・ウォリアー/3
魔知ガエル/3
粋カエル/2
魂を削る死霊/2
貫ガエル/1
ジュラック・タイタン/1

大嵐/1
死者蘇生/1
浮上/3
エネミーコントローラー/2
サルベージ/2

激流葬/1
停戦協定/1
水霊術-葵-/2
つり天井/1


コンセプト
《魔知ガエル》《裏ガエル》を組み合せて相手のスピードを鈍らせ、《ガイウス》や《ジュラック・タイタン》で殴るコントロールとビートダウンの折半デッキです。

ガエル達を使い回すために《浮上》《サルベージ》や、《ハウリング・ウォリアー》からの《リヴァイエール》を搭載し、攻撃ロックを突破しようと動いたところを《ヴェーラー》で止めたり、《ガイウス》で切り返します。

カードを消費した相手には、強固な耐性を持つ《ジュラック・タイタン》の突破は難しいはず。

一日の始まりは鬼ガエルの上下運動
墓地にガエルがいなければ上級モンスターも出せないし、《ハウリング・ウォリアー》を活かすこともできません。
序盤は《鬼ガエル》の召喚時効果発動に専念し、各種ガエルを最低1枚は落としたいところ。

《黄泉ガエル》《粋カエル》は手札に握る意味もないので、特殊召喚効果のコストにして墓地肥やしの速度を上げるのも手。
ただ、余分なガエルを持っていれば

通常召喚→《鬼ガエル》SS→戻して《裏ガエル》追加召喚

の流れを作ることができるので、《ハウリング・ウォリアー》と組合せて一気に陣形を組み立てることも可能です。手札と相談してアタッカーがいないなら、こちらを優先してもいいでしょう。

エクシーズ召喚を絡めた多彩な戦術
【ガエル】には自己蘇生効果を持つモンスターがおり、アド損を抑えたエクシーズ召喚が可能です。


・《粋カエル》はじめバウンスを持つ《裏ガエル》を素材にできるランク2。特に《ダイガスタ・フェニクス》はフィールドを空にしての2回攻撃を狙いやすく、火力を補えます。

・《ハウリング・ウォリアー》でレベルを3にすることで《黄泉ガエル》《粋カエル》でランク3が出せます。《リヴァイエール》なら《粋カエル》蘇生時に除外したガエルを帰還させられ、次のターンへのプレッシャーをかけることもできます。

・《スターブライト・ドラゴン》で《粋カエル》のレベルを2つ上げればランク4も出せます。《ホープ》や《ローチ》でロックを強化したり、打撃力の不安を解消してくれます。素の攻撃力も1900と高く、効果を使えなくても腐りにくいです。


後者2つは召喚権を使うので、《ガイウス》《魂を削る死霊》等と比べて何を使うのが効果的かよく見極める必要があります。

高威力の罠でテンポを崩す
【ガエル】にはモンスター効果と組合せてより効率よく使える罠が多く、アドバンテージを稼げます。発動条件から相手にバレやすいものもあるので、常に選択肢を考えさせられるプレイングを心掛けます。


・リバース効果ではない《裏ガエル》の効果を発動しつつ大きなバーンダメージを与えられる《停戦協定》

・モンスターを全滅させつつこちらの被害は少ない《つり天井》

・ピーピングハンデスをノーコストで使える《水霊術 葵》

・ターン中あらゆる破壊効果を無効にし、《魔知ガエル》で他のモンスターも守れる《海竜神の加護》



おまけ 「あの頃」の軍曹さん
イレカエルが無制限だった頃使っていたガエルデッキ。ライトロードも怖くなかった。

メインデッキ枚数:40
モンスター/魔法/罠:25/11/4

※2010/3/1の禁止・制限リスト順守

クリッター/1
黄泉ガエル/1
邪帝ガイウス/3
イレカエル/3
魔知ガエル/3
グリズリーマザー/2
裏ガエル/2
アーマード・サイキッカー/2
アルカナフォースEX THE LIGHT RULER/2
金華描/2
ジャンク・シンクロン/2
貫ガエル/1
デスガエル/1

大嵐/1
洗脳-ブレインコントロール-/1
ワン・フォー・ワン/1
エネミーコントローラー/3
貪欲な壺/3
強制転移/2


激流葬/1
転生の予言/1
海竜神の加護/2

相手倒すだけで《イレカエル》蘇生できた《アーマド・サイキッカー》兄貴が超イケメンでした。《アルカナルーラー》の召喚も容易く、《ゴーズ》とか《サイクロン》入ってないのに割と戦えました。次元相手でもそんなにきつくなかった・・・《貫ガエル》2積みだったかも?

今組むなら《サイドラ》みたいなSS持ち積んで1ターンで《イレカエル》を回せる構築にするとこですが、当時はそんなにデュエル速くなかったから《イレ》《魔知》で1回受けてから回すなんて悠長な事をしてもさして問題なかったです。
スポンサーサイト

テーマ : トレーディングカード
ジャンル : サブカル

Comment

非公開コメント

プロフィール

シカオ

Author:シカオ
神奈川・東京でカードをやってる大学生!
遊戯王・ヴァンガード・バトスピをプレイ中。

自分のデッキの構築について垂れ流していくので、「はて、何の話だろう」と思ったら「使用中・構築中デッキ一覧」をご覧下さい。

twitterはdeertailまで。こちらも宜しくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。