カードのるつぼ 【遊戯王使用中デッキ】インフェルニティ②/2012/3/13

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【遊戯王使用中デッキ】インフェルニティ②/2012/3/13

インフェルニティデーモンの日ウルを買ってしまったので、ガチで組み直すことに。強謙を使わずに、できるだけ2ターンで回せる様にしてみた。



メインデッキ枚数:40
モンスター/魔法/罠:17/10/13

インフェルニティ・デーモン×3
インフェルニティ・ネクロマンサー×3
ダーク・グレファー×3
インフェルニティ・ミラージュ×2
カードカー・D×2
ヘルウェイ・パトロール×2
インフェルニティ・ジェネラル×1
インフェルニティ・リベンジャー×1

ZERO-MAX×3
二重召喚×2
インフェルニティ・ガン×1
大嵐×1
おろかな埋葬×1
死者蘇生×1
ワン・フォー・ワン×1

インフェルニティ・インフェルノ×3
インフェルニティ・ブレイク×3
無謀な欲張り×3
砂塵の大竜巻×3
神の宣告×1

サイド調整中

エクストラデッキ

ワンハンドレッド・アイ・ドラゴン×2
インフェルニティ・デス・ドラゴン×1
煉獄竜オーガ・ドラグーン×1
スクラップ・ドラゴン×1
スターダスト・ドラゴン×1
ブラックローズ・ドラゴン×1
氷結界の龍 ブリューナク×1
A・O・J カタストル×1
アームズ・エイド×1

No.39 希望皇ホープ×1
発条機甲ゼンマイスター×1
ラヴァルバル・チェイン×2
虚空海竜リヴァイエール×1



オーガブレイクじゃ満足できねぇぜ

通常の【IF】では、《サモプリ》や《ZERO》でのいわゆる「オーガブレイク」の布陣を敷いて戦います。

ですが、正直オーガブレイクでは足りない・・・というわがままな僕は、もう1枚《ブレイク》を足せるループを使用します。

まだ日本では使えませんが、《ツアーガイド》が来たとしても対応できるループなので、これが自分の中での【IF】のスタンダードになりそうです。


条件「墓地:デーモン、マンサー 場:☆4モンスター ZEROMAX発動」

〇《ZERO》で《マンサー》蘇生、効果で《デーモン》SS

〇《デーモン》で《ガン》サーチ

〇《デーモン》と☆4でエクシーズ《チェイン》。《デーモン》《リベンジャー》墓地に

〇《ガン》発動で《デーモン》《リベ》蘇生。《ミラージュ》サーチ

〇《リベ》と《マンサー》でシンクロ《アームズ・エイド》

〇《エイド》と《デーモン》でエクシーズ《チェイン》。《ヘルパト》墓地に

〇《ヘルパト》で《ミラージュ》SS、効果で《ネクロ》《リベ》蘇生

〇《マンサー》で《デーモン》蘇生、《ブレイク》サーチ

〇シンクロ《ワンハンドレッド》、効果で《ミラージュ》除外

〇蘇生効果を使い《ブレイク》をサーチしつつ、《煉獄竜》をシンクロ


これでフィールドには《煉獄竜》と《ブレイク》が2枚。やったね!



手札はパワーだぜ!

《ヴェーラー》《デモチェ》がメインから飛んでくる環境は【IF】にとってキツいものがありますが、それもめげないくらいの手数を以って対処しましょう。

手数を増やす為には当然多くのカードを引かなければなりません。しかしその為にターンを重ねていては、相手の妨害札も増えて状況は好転しません。

いかに早く、攻め手を準備できるか。まだこちらのデッキがわからないマッチ1戦目はメタに弱い【IF】にとって確実に勝利を収めたいところ。

それを実現すべく、1ターン目は《カーD》《無謀な欲張り》を使って(伏せて)終了します。この時《砂塵の大竜巻》があるなら伏せておきます。

そしてエンドで《砂塵》を発動。効果で《インフェルノ》をセットします。

《欲張り》《カーD》の発動が成功すれば、2ターン目に使えるカードはなんと8枚。しかも、初手で《グレファー》等を使っていない為こちらのデッキタイプがばれる心配もありません。

そこからは《二重召喚》《ヘルパト》といった召喚権増加カードを駆使して一気に手札を使っていき、先述のループに突入する寸法です。

モンスターが17枚とかなり多い構築ですが、溜めて一気に掃くことができるので処理できないことはあまりありません。



これが・・・俺の生きるあがきだ!

ですが無事オーガブレイクブレイクを達成できても、即勝利できるわけではありません。更に《欲張り》によってドローもできないので、最悪2ターンの間に突破されるケースもあります。

そこで第二波として、2体の《チェイン》を使って少しコンボを伸ばします。

《ネクロマンサー》と《ジェネラル》を効果で落として、《ジェネラル》で《ネクロマンサー》を2体蘇生。
先程のループの過程で除外された《ミラージュ》を帰還させよう、というもの。

ですが、フィールドに4体分の空きがないと8シンクロまで繋げないので、自爆特攻や、初手の墓地肥やしが1枚多くできている等運の要素も絡みます。
2ターン棒立ちするよりマシという程度のコンボなので、あまり頼るものではありません。。。

できるなら、展開を始めたターンにはオーガブレイクブレイク以上の場を作りたいというのが本音です。妨害が2回も3回もこなければいけるんですが・・・



サイドデッキ

このデッキのメインギミックは以上ですが、やはり問題はサイドデッキの構築です。

2戦目からは大量の妨害札を越えて展開しなければならず、手札誘発もガンガン飛んでくるためキツいことこの上ない。

実際、今ここで詰まっています・・・


絶対に対処しなければならないカードと対策

〇《ライオウ》

《デーモン》のサーチが使えないのは超致命的。絶対に対策を用意しましょう。

《ZERO》と《ジェネラル》で越えたり、《ライコウ》で除去したり、《ゴゴゴジャイアント》の様な打点の高いモンスターで殴ってしまう等が考えられます。

〇《暗闇ミラー スキドレ》

効果が使えないと低ステータスバニラの集まりになってしまうので、《サイクロン》も積んだ方がいいでしょう。

〇《次元》

墓地が肥やせないとどーにもならない!《サイク》と《ライコウ》で割るべし割るべし。


他にもキツいカードはあるのですが、単体への妨害は手数を増やせばいいので、主にこれらのカードへの対策のみ考えていればいいでしょう。

となると、《ライコウ》で永続を割りつつ、IFのパーツを少しでも落とすという方向になっていきます。
手札のモンスターは無理に落とさず、回し始めるターンに落とせば十分。

《鳳翼の爆風》の様に少しだけ手札を調整できるカードもいいです。

高速化の為の《欲張り》は抜き《カーD》は増やしたいです。

コンボまで使い道のない《ブレイク》は減らすか、コンボ中の妨害対策になる《バリア》に変えるのがいいと思います。

墓地肥やしからすぐ動けるわけではないので《グレファー》がかさばります。ピンポイント肥やしは《インフェルノ》2,3枚で十分。


とまぁ大きくこんな方針でサイドチェンジしていきたいのですが、メインが攻撃一辺倒な分サイドでの調整には苦心します・・・
スポンサーサイト

テーマ : トレーディングカード
ジャンル : サブカル

Comment

非公開コメント

プロフィール

シカオ

Author:シカオ
神奈川・東京でカードをやってる大学生!
遊戯王・ヴァンガード・バトスピをプレイ中。

自分のデッキの構築について垂れ流していくので、「はて、何の話だろう」と思ったら「使用中・構築中デッキ一覧」をご覧下さい。

twitterはdeertailまで。こちらも宜しくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。