カードのるつぼ 【遊戯王デッキ考察】インフェルニティについて

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【遊戯王デッキ考察】インフェルニティについて

最近IFを回しまくって結構戦い方を掴んできたので、いろいろとアウトプットするよ ぴぴぴ



1戦目をいかにしてモノにするか

【インフェルニティ】の爆発力はモノホンです。基本的に1サイクル回し切れば逆転されることは滅多にないと言っていいでしょう。
そして撃ち切りの罠1枚や2枚では止められない手数を用意することも可能です。バックを剥がしても立ちはだかる《エフェクト・ヴェーラー》ですが、これは墓地リソースを上手く使うことで簡単に対処することができ、現環境のメインでこの手数を抑えるのはなかなか難しいだろうと思いました。


基本戦術1 手札の補充

墓地肥やしで減らした手札をコンボで回復していく【IF】ですが、その起点を止められると非常にもろいというのが大きな弱点。
よって、このデッキのメインでは汎用防御カードは《強制脱出装置》といったコンボにも使えるカードに留め、《無謀な欲張り》で一気に手札を増やして大量の手札で攻めることで、コンボの起点をたくさん用意し妨害を乗り越えることを目標とします。


基本戦術2 墓地IF

鍵を握るのは《ヘルパト》と《チェイン》です。《ヘルパト》が墓地にいれば、手札に来た《デーモン》も相手のカウンター対象にすることができ、手数を増やす上で重要です。

そして☆4のモンスターを主軸に展開していくことで、《ゼピュロス》で《マンサー》を戻しつつ《チェイン》で《ヘルパト》を落とし、再度特殊召喚するという芸当も可能。

墓地を肥やしきれていなくても、《デーモン》で《デーモン》をサーチして2体で《チェイン》を作って無理矢理《ガン》の蘇生対象を増やしたり、《ショックルーラー》で場を固めることもできます。

《ZEROMAX》も3積みなので、手札からの《デーモン》の襲撃と合わせて2回は最低でも起点を用意できます。


基本戦術3 チェイン2体のループ

これについては前回説明したものの復唱となりますが、コンボ中に相手の妨害を防げるという点、《嵐》《ブラホ》等除去の連発に耐えられるようにする等という様々な点から《ブレイク》を《バリア》に、《オーガ》を《デスドラ》にしました。

〇スタート最少ハンド 《グレファー》+《デーモン》(or《マンサー》)+《ヘルパト》

①《グレファー》で《ヘルパト》切って、《マンサー》落とす

②《ヘルパト》で《デーモン》SS 《ガン》サーチ

③《グレファー》《デーモン》で《チェイン》エクシーズ、《リベンジャー》落とす

④《ガン》で《マンサー》《リベンジャー》蘇生

⑤《マンサー》で《デーモン》蘇生、《ミラージュ》サーチ

⑥《マンサー》《リベンジャー》で《アームズエイド》シンクロ

⑦《エイド》《デーモン》で《チェイン》エクシーズ、《ヘルパト》落とす

⑧《ヘルパト》で《ミラージュ》SS 3体蘇生して《バリア》サーチ

⑨《アイドラ》シンクロ、《ミラージュ》除外し効果、もう一度⑧を行い《バリア》サーチ

⑩《デスドラ》シンクロ


・・・以上が基本コンボです。1ターンで動こうとしなければこんなパターンもあります

〇 《欲張り》と《インフェルノ》の発動に成功したとして、墓地に《ヘルパト》《マンサー》 手札に《グレファー》《デーモン》《ヘルパト》《ZEROMAX》があったとする

①《グレファー》召喚、《ヘルパト》捨てて《ゼピュロス》落とす

②《ヘルパト》で《デーモン》SS 相手に《ヴェーラー》を撃たれる

③エクシーズ《チェイン》、《リベンジャー》落とす

④《ZERO》で《マンサー》蘇生 相手に《ヴェーラー》を撃たれる

⑤《マンサー》戻して《ゼピュ》蘇生、《ヘルパト》で再度SS

⑥《マンサー》で《デーモン》SS 《ガン》サーチ

⑦《デーモン》《ヘルパト》で《チェイン》、《ミラージュ》落とし、上の⑧の動きへ


・・・とまぁ《ヴェーラー》2発撃たれようが余裕で突破できます。こちらにも《バリア》や《強脱》(ゼピュロスの様に使える)があるので、1戦目は高確率でコンボを通せるわけです。

《欲張り》を使って展開するとドローが2回スキップされますが、それはドローフェイズに《バリア》が発動できなくなるという【IF】特有の弱点をカバーしてくれるので、フル展開した後ならメリットととることすら可能です。

では、メインデッキを紹介します



メインデッキ枚数:40
モンスター/魔法/罠:16/10/14

インフェルニティ・デーモン×3(無理に落とさず手札からSS狙っていく)

インフェルニティ・ネクロマンサー×3(ZEROあるのでできれば落とす)

ダーク・グレファー×3(1戦目はできれば展開ターンまで維持 デッキばれを避ける)

ヘルウェイ・パトロール×3(手数そのものなので3積み)
インフェルニティ・ジェネラル×1(素引きしてもSSコストで全然強い)

インフェルニティ・ミラージュ×1(デモチェかわせる ループ用だから素引きは微妙)

インフェルニティ・リベンジャー×1

BF-精鋭のゼピュロス×1(ヴェーラーよけたり ショックルーラー作ったり)


ZERO-MAX×3(2枚引いてたら使ったターンにもう片方も撃ちたい)

インフェルニティ・ガン×1(ゼピュ要員 ルーラー作るなら魔法宣言前に表にしておく)

大嵐×1(インフェルノとか欲張りと伏せておくギャンブルも)

おろかな埋葬×1(できれば隠しておいてヴェーラー撃たせてゼピュとかが上手い)

死者蘇生×1

増援×1(グレファー加えるとバレるので即打ちしないこと)

手札抹殺×1(トラスタ?)

闇の誘惑×1(2体目のグレファーとか除外)


インフェルニティ・インフェルノ×3(手札を切り過ぎないよう)

インフェルニティ・バリア×3(2枚加えられるが、1枚素引きしたりするので結果3枚で待ったりできる)

無謀な欲張り×3(展開確定したターンに)

強制脱出装置×2(ヘルパト余ってるなら自分に撃つのもアリ)

トラップ・スタン×2(メイン暗闇はコイツに頼るしかない)
神の宣告×1


サイドデッキ

カードガンナー×2
ライトロード・ハンター ライコウ×2
暗黒魔族ギルファー・デーモン×1
トラップ・イーター×1
ファントム・オブ・カオス×1
ライトロード・マジシャン ライラ×1

サイクロン×3
忍び寄る闇×1
光の援軍×1

鳳翼の爆風×2

エクストラデッキ

ワンハンドレッド・アイ・ドラゴン×2
インフェルニティ・デス・ドラゴン×1
煉獄竜オーガ・ドラグーン×1
スクラップ・ドラゴン×1
ブラックローズ・ドラゴン×1
A・O・J カタストル×1
アームズ・エイド×1

No.16 色の支配者ショック・ルーラー×1
No.39 希望皇ホープ×1
ラヴァルバル・チェイン×2
交響魔神マエストローク×1
ヴェルズ・ナイトメア×1
虚空海竜リヴァイエール×1



IFブラックリスト

サイドから墓地肥やし系のカードを多く積んで、《インフェルノ》や《欲張り》といった加速系のカードと交換します。

よく見るカードで【IF】においてのマストカウンターはズバリ《ライオウ》《スキドレ》《暗闇ミラー》《マクロコスモス》です。その他のカードはもうどんなに撃たれても墓地リソースを以って越えます。


《ライオウ》に関しては、《ライコウ》《カードガンナー》《ギルファーデーモン》で越えます。(《グレファー》で落として相手に装備、打点を1400まで下げてしまうとなんとそのまま殴り倒せます)


《マクロ》は《サイク》《ライコウ》《ライラ》で破壊を狙います。《トラスタ》で機能停止させるのもアリです。


こっからが本題ですが、【インゼクター】の強力な展開力が存在感を放つこの環境、《暗闇ミラー》を積んでいるデッキは非常に多いです。
しかしそれをクールに解決するウルトラCカードを発見しました。

それが《忍び寄る闇》です。



こっから全部忍び寄る闇

墓地闇2体を除外し☆4闇をサーチするこのカード、何をサーチするかというとズバリ《トラップ・イーター》です。

こいつで《ミラー》を割りつつ8シンクロに繋げれば、そのリターンたるや絶大。《グレファー》とですら《オーガドラグーン》がシンクロ可能です。

《ミラー》に対してはこれでいきます。


そしてこの《忍び寄る闇》、まだまだ忍び寄っていきます。なんと攻めにも使えます。

墓地に《ヘルパト》がいるなら《デーモン》、《ミラージュ》《マンサー》が落ちているなら《ファンカス》を加えることで、攻めの起点にすることが可能。伏せておけるという点もポイントが高く、相手の《激流葬》等のタイミングを外すことができます。

これを3積みできる構築にすれば、サイドから《デーモン》ピンにするというキチガイじみた構築も可能。墓地に落ちたらそのまま使い、デッキにいれば引っ張ってSS、それか《グレファー》で落とすという、全く無駄のない必要最低限での《デーモン》活用ができます。



まぁしかしクレバーな貴方はもうお気付きかと思いますが、除外コストどうすんのって話になってきます・・・
正直《ギルファー》と《グレファー》と《ゼピュロス》くらいしかまともなのいません。スピードを考えると《偵察者》なんかで闇を送っていくのもアリそうですが、どうなんだろうか

完全に《ガンナー》やライロ任せです。君たちの仕事に僕の未来がかかっている。どんなに《ソラエク》積もうかと思ったことか。

理想としては《ラビット》で《ヘリオロープ》2体とか、《ミラー》かかんなくて最高なんですけどね。上手く引けるはずもないので・・・

☆4でエクシーズというのは中盤凌ぎにもなるし、本展開に入っても《ショックルーラー》を出すのに使えるので腐ることはあまりないかと思います。奈落が効かない《マエストローク》は闇だし《オピオン》倒せるしで筆頭エクシーズ候補でしょう。

なので《マンドラゴ》や《カオスインフィニティ》の搭載も視野です。とにかく墓地を肥やしながらも戦線を任せられるカードが欲しい。


正直今はスピード感の無いカードですが、《忍び寄る闇》は絶対伸びると思います。そうです。《ツアーガイド》が来てくれるから(幻覚)です。

《ツアーガイド》は墓地肥やしができ、《忍び寄る闇》は《リヴァイエール》の帰還対象を作れるという絶妙なシナジーを形成しています。この辺で次元ギミックを作るだけで、《マクロコスモス》には多少の耐性を得られると言っても過言ではないでしょう。

だからマジツアガイはやくください。ないものねだりとか最低ですけど 《忍び寄る闇》を使いたいんだよぉ・・・忍び寄りたいんだよぉ・・・
スポンサーサイト

テーマ : トレーディングカード
ジャンル : サブカル

Comment

非公開コメント

プロフィール

シカオ

Author:シカオ
神奈川・東京でカードをやってる大学生!
遊戯王・ヴァンガード・バトスピをプレイ中。

自分のデッキの構築について垂れ流していくので、「はて、何の話だろう」と思ったら「使用中・構築中デッキ一覧」をご覧下さい。

twitterはdeertailまで。こちらも宜しくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。