カードのるつぼ 【遊戯王構築中デッキ】ハンドレスビート/2012/1/6

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【遊戯王構築中デッキ】ハンドレスビート/2012/1/6

オーガドラグーンを出したくてデッキを組んでいたのに気付いたらインフェルニティとすら呼べないシロモノが完成していた・・・?
かつてないバブルマンのニヒルな笑みをあなたは目撃する!

メインデッキ枚数:40
モンスター/魔法/罠:14/20/6
インフェルニティ・ビートル/3
E・HEROバブルマン/3
深海のディーヴァ/3
インフェルニティ・デーモン/2
E・HEROエアーマン/1
インフェルニティ・ネクロマンサー/1
シー・アーチャー/1

インフェルニティ・ガン/1
大嵐/1
死者蘇生/1
精神操作/1
増援/1
月の書/1
E-エマージェンシーコール/3
サイクロン/3
ミラクル・フュージョン/3
地砕き/2
戦士の生還/2
平行世界融合/1

神の宣告/1
激流葬/1
インフェルニティ・ブレイク/2
無力の証明/2

エクストラデッキ
E・HEROアブソルートZero/3
E・HEROエスクリダオ/1

氷結界の龍トリシューラ/1
ミスト・ウォーム/1
インフェルニティ・デス・ドラゴン/1
スターダスト・ドラゴン/1
煉獄竜オーガ・ドラグーン/1
大地の騎士ガイアナイト/1
氷結界の龍ブリューナク/1
A・O・Jカタストル/1

希望皇ホープ/1
ラヴァルバル・チェイン/1
ダイガスタ・フェニクス/1

バブルマンの効果が簡易融合みてーだとぉッ!?

《E・HERO(エレメンタルヒーロー) バブルマン/Elemental HERO Bubbleman》 †
効果モンスター
星4/水属性/戦士族/攻 800/守1200
手札がこのカード1枚だけの場合、
このカードを手札から特殊召喚する事ができる。
このカードが召喚・反転召喚・特殊召喚に成功した時に
自分のフィールド上と手札に他のカードが無い場合、
デッキからカードを2枚ドローする事ができる。


つまり、手札さえなければ《バブルマン》は、ドローこそできないものの特殊召喚できるHEROとして色々と活用ができるわけです。

《エマコ》《ヒーローアライブ》で《エアーマン》と組み合わせるとそのまま4エクシーズに繋げられるし、《戦士の生還》でこれらのギミックを使い回すのも容易。墓地に落ちたら《ミラクルフュージョン》の素材にでき、実に幅広い活躍が見込めるカードだと思います。

ハンドレス状態のリスク回避の為に
インフェルニティ関連のデッキを使っている身としては手札0の状態の危険性はよくよく分かっている(分からされている)つもりなので、構築の段階であるテーマを設けました。

それは

トップがちょーつよいデッキ

というものです。

このデッキでは初ターンに高確率で《スターダスト・ドラゴン》か《煉獄竜オーガ・ドラグーン》のシンクロを狙えるので、《大嵐》の恐怖はある程度ケアできます。
使い切りのカードが多く、先鋒の彼らが頑張ってくれている間に伏せたカードはある程度消費できるので、《大嵐》対策のカウンターは積まず、短期決着に向けガンガン戦線を強化していきます。


・《エアーマン》から《バブルマン》をサーチしてそのまま《ホープ》をエクシーズ
・トップデーモンから《IFネクロマンサー》をサーチ、《トリシューラ》へ
・《ミラクルフュージョン》で《アブソ》の融合召喚
・《ビートル》《ディーヴァ》と《バブルマン》での高レベルシンクロ


と、手札0の状態からでも十分攻めていけるカードを搭載しました。

消耗戦を演じた上で鮮やかに突き放す
手札消費の激しいデッキになったので、どうせならと《バブルマン》のドロー効果も狙えるように組んであります。
手札、フィールドが全くなくなっても、《バブルマン》を引けば大丈夫!2ドローから逆転を狙いましょう。

《バブルマン》の効果で《デーモン》を引いた場合、一緒に引いたカードが速攻魔法なら、手札の《デーモン》にチェーンして使用することでちゃんと《デーモン》のサーチ効果が発動するので、滅多に使わないコンボではありますが覚えておきましょう。

課題
手札0をトリガーとするモンスターが多いので、初手にモンスターが来すぎると何もできなくなります。
自力で《カタストル》をシンクロできる《ディーヴァ》はともかく、《ビートル》は☆4モンスターと一緒に使う必要がある上2枚くると処理のしようが無いので、事故を起こした際のリカバリーは苦手。
モンスターはなるべく減らしたいので《ネクロマンサー》をコンボ用の1枚しか積めなかったのはやや残念なところ。

サーチ、リクルートによる圧縮がデッキを回すカギなので、これを阻害する《ライオウ》は天敵。使い切りの除去として《地砕き》を搭載してみましたが、果たして機能するやら。

《平行世界融合》はピン積みですら腐る場面が多いので抜き候補かもしれません。《エマージェンシーコール》系統も十分過ぎるくらい積んでいるので、《バブルマン》共々少し削ってもいいかも?

バブルマンを活かして、妄想
さて、今回は《オーガドラグーン》からスタートした為に【インフェルニティ】のギミックを取り入れていますが、【ディーヴァHERO】寄りにして別のデッキを組むことも考えられそうです。


・《ディーヴァ》《バブルマン》に加え、《沼地の魔神王》を投入。《融合》によって手札のモンスターを減らす手助けができ、《ディアボリックガイ》《デブリ・ドラゴン》の搭載も視野に入ってくる
・《戦士の生還》に代わり《サルベージ》を投入。1枚で自在にシンクロ召喚が可能に
・セットしておける罠モンスターを利用し、モンスターを減らしながら安定性を増す
・《粋カエル》の除外効果を利用し、《ディアボ》と共に《平行世界融合》の発動を容易にする

トップ解決力はIF混ぜた方が上の様な気もするけど、《サルベージ》から《トリシュ》いけるならこっちの方が総合的に強い気がするんだよね。今度組んでみたいと思います。最終的にはどっちかの形で1つのデッキに絞る予定。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

シカオ

Author:シカオ
神奈川・東京でカードをやってる大学生!
遊戯王・ヴァンガード・バトスピをプレイ中。

自分のデッキの構築について垂れ流していくので、「はて、何の話だろう」と思ったら「使用中・構築中デッキ一覧」をご覧下さい。

twitterはdeertailまで。こちらも宜しくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。